病棟

早めの治療でダメージを最小限へ|癌が転移する前の対処が肝心

このエントリーをはてなブックマークに追加

頻繁に見られる脳腫瘍

病棟

髄膜腫は脳腫瘍の一種で、脳の外側の膜にできる腫瘍です。良性の場合が多く、手術や放射線による治療は、症状や患部の状態を見ながら行ないます。初期には自覚症状はほとんどありませんが、脳ドックで発見できます。

読んでみよう

血液やリンパによる移動

先生

病巣とあわせて切除

癌とは、異常細胞が増える一方となる病気です。正常な細胞は衰えると自然に消滅しますが、異常細胞は消滅しません。そのため時間が経過すればするほど体は、正常な細胞が少なく、異常細胞の多い状態になっていきます。それにより体の各組織が正常に機能しなくなり、最終的には生命を失うことになるわけです。そのため癌は、異常細胞が増えないうちに治療をすることが肝心とされています。そのため異常細胞が発生した部分に関しては、基本的には手術で摘出することになります。さらに、その周辺の血管やリンパ管もあわせて切り取ります。なぜなら異常細胞は、血行性転移やリンパ行性転移といって、血液やリンパによって、病巣から運び出される可能性があるからです。それを防ぐために、念のために病巣と一緒に血管もリンパ管も切り取っておくわけです。

血管やリンパ管が近い場合

異常細胞は、血液やリンパによって移動していくわけですから、病巣が血管やリンパ管に近い癌ほど、転移しやすいと言えます。特に転移しやすいことから知られているのは、胃癌と乳癌です。胃には近くに大きな血管がありますし、乳房のすぐ隣にはリンパ管が集まっている脇があるため、それらによって異常細胞が移動しやすいのです。そのためこれらの癌の場合、完治させるためには、全摘といって臓器や組織を丸ごと摘出する手術が必要となることがあります。癌になると、先述したように体の機能が失われていきますが、転移していた場合には、治療によっても機能が失われることになるのです。そのため胃癌と乳癌に関しては、転移の可能性が低いうちに発見するための検診が、特にさかんにおこなわれています。

病気になったときの対処法

女性

平野区で医療機関を探すときには、日ごろからホームドクターとしても利用できる病院を選ぶべきです。人間ドックや外来診療で大きな病気が見つかることもあり、すぐに入院治療も受けられる地元の病院は、とても役立つでしょう。

読んでみよう

下痢や血便に注意

病院

潰瘍性大腸炎の原因はまだはっきりとしたものがわかってはいません。自己免疫が原因だとも言われていて、治療には血液から白血球を取り除き、取り除いた血液をまた体内に戻してやる、白血球除去療法も行われています。

読んでみよう